鍼灸の副作用は何があるの?解消法を鍼灸院が解説します!

アクア鍼灸治療院

06-6774-5218

〒543-0031 大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町7-2

【受付時間】月~金/11:00~20:00 土/10:00~13:00
 【定休日】日曜・祝日

鍼灸の副作用は何があるの?解消法を鍼灸院が解説します!

スタッフブログ

2019/01/25 鍼灸の副作用は何があるの?解消法を鍼灸院が解説します!

「不妊治療にために鍼灸したいけれどよくわからない」

「鍼灸治療に副作用はあるのか」

このようにお考えの方はおられませんか?

人体への害も少なく薬も使用しない治療ですので基本的には副作用は存在しないですが、それでも心配な方もおられると思います。

そこで今回は不妊治療を行うにあたり、どのような副作用があるのか、またその解消方法をご紹介します。

 

「鍼灸治療の副作用」

鍼灸は鍼や灸を用いて、弱い火傷を起こしツボを刺激する療法です。

火傷とはいえ、人体に悪影響のあるものではなく、皮膚や筋肉に微量の傷をつける程度です。

皮膚や筋肉が傷つくと、細胞はより強くなって生まれ変わろうとします。

その結果として、身体の状態を良くするのが鍼灸治療の仕組みです。

そのため、人体に良い影響が期待できるのです。

 

一つ懸念すべきことは、鍼灸治療では鍼を刺すため稀に出血や内出血することがあります。

健康な人であれば気にすることはほとんどありません。

しかし、細胞の血小板が少なく出血が止まりにくい状態の人や、出血しやすい体質の方は注意が必要でしょう。

 

・鍼灸治療の危険性

鍼灸治療は鍼や灸を用いるため、使用法によっては体に悪影響を及ぼす可能性があります。

過去には鍼の使い回しによるB型肝炎感染の可能性が問題になりました。

十分な根拠はありませんが、鍼の使い回しには注意しましょう。

また、2008年には鍼灸師の資格を持たない人間が鍼灸により、患者の肺を傷つけ死亡させたこともあります。

 

好影響が期待できる鍼灸治療ですが、治療する側の知識と経験によっては、患者に悪影響を及ぼしかねません。

これらが考えられる副作用と治療時に注意すべき点になります。

 

「副作用の対象方法」

治療後には内出血したりすることもありますが、治療の後には十分な睡眠をとり、体に気を使ってあげることが重要です。

鍼灸による体質改善には健康な体が必要不可欠であり、特に治療後は健康には気をつけましょう。

また、信頼できる治療院にかかることも大切です。

鍼は危険につながることもありますので、信頼できない治療院は避けましょう。

これらのことに気をつければ体質改善に非常に効果的な鍼灸治療です。

 

「おわりに」

以上、鍼灸の副作用とその解消方法について解説致しました。

上記のことから、鍼灸治療は不妊に効果的なことであることをご理解いただけたでしょうか?

不妊治療でお悩みの方は、是非お気軽にアクア鍼灸治療院へご連絡ください。

■■□―――――――――――――――――□■■

不妊治療専門 アクア鍼灸治療院
院長 松本茂文

大阪市天王寺区石ヶ辻町7-2
(電話)06-6774-5218

診療日時
11:00~20:00/月~金(受付終了20時)
10:00~13:00/土  (受付終了13時)
日曜・祝日/定休日

(公共のアクセス)
近鉄上本町駅より徒歩3分
JR環状線鶴橋駅より徒歩7分
大阪メトロ谷町線谷町九丁目駅より徒歩10分
大阪メトロ千日前線鶴橋駅より徒歩7分

■■□―――――――――――――――――□■■

TOP