梅雨時期の食生活を正しく見直す事により妊娠力がアップ!!

アクア鍼灸治療院

06-6774-5218

〒543-0031 大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町7-2

【受付時間】月~金/10:00~20:00 土日祝/10:00~17:00
 【定休日】不定休

梅雨時期の食生活を正しく見直す事により妊娠力がアップ!!

スタッフブログ

2020/07/09 梅雨時期の食生活を正しく見直す事により妊娠力がアップ!!

梅雨時期は、高温多湿の日本では、暑さよりも湿気が不快に感じる季節です。

汗が乾きにくかったり、雨に濡れたり、家の中も湿気がこもったりすると

体にも「湿」がたまりやすくなります。外出先から汗をかいて戻り、冷房のきいた部屋に

はいると一気に身体を冷やしてしまう結果に!冷えは妊娠力には大敵です。

そして、この時期、体にたまりやすい「湿」を最も嫌う臓は「脾=胃」です。

中医学には、五行説を体に応用した「五臓」の考え方があり、「脾=胃」は食物を消化吸収し

全身に栄養を送り届ける役割があるとされると同時に、体内の水分代謝を担っています。

湿により「脾=胃」の働きが悪くなると、身体の重だるさ、食欲不振、消化が悪い、

むくみや関節痛などの症状がでます。逆に食欲旺盛な方は更に太りやすくなる時期でもあります。

 

梅雨の食養生ポイント

※梅雨にお薦めの食材(胃に優しく、水分代謝を良くする食材)

1. 野菜類: 山芋、トウモロコシ、キャペツ、人参、タケノコ、茸

大根、玉ねぎ、ショウガ、紫蘇、カブ、冬瓜など

2. 肉類: 鶏肉、牛肉

3. 魚類: サバ、アジ、ひじき、シジミなど

4. 薬膳に使う漢方: ハト麦、茯苓(ブクリョウ)、社仁(シャニン)、朝鮮人参、

陳皮、サンザシ、麦芽など

むくみなどが気になる方は冬瓜、ハト麦、あずきなど利尿作用があるものがお勧めですが

身体を冷やすものが多いのでショウガなど香辛料を一緒に摂ると身体を冷やし過ぎません。

蒸し暑さで、冷たいもの、生もの、お酒などの摂り過ぎに注意し、甘すぎるもの、油っぽいものを控え、

余分な湿が溜まらないようにしましょう。

風通しのよい住環境、適度の運動、精神的に思い悩むことを控え、楽しむことを心掛けることも大切です。

また、食中毒予防のためにも殺菌作用があるニラ、紫蘇などを取り入れた献立を考えてみてくださいね。

身体に良いもの、悪いもの、沢山の情報で溢れています。何事も過ぎないのが大切です。

どうぞ良い加減を心掛けてください。

 

薬膳

 

■■□―――――――――――――――――□■■

不妊治療専門 アクア鍼灸治療院
院長 松本茂文

大阪市天王寺区石ヶ辻町7-2
(電話)06-6774-5218

診療日時
10:00~20:00/月~金(受付終了20時)
10:00~17:00/土日祝(受付終了17時)
不定休/定休日

(公共のアクセス)
近鉄上本町駅より徒歩3分
JR環状線鶴橋駅より徒歩7分
大阪メトロ谷町線谷町九丁目駅より徒歩10分
大阪メトロ千日前線鶴橋駅より徒歩7分

■■□―――――――――――――――――□■■

TOP