体外受精について知りたい!不妊治療の体外受精とは何か。

アクア鍼灸治療院

06-6774-5218

〒543-0031 大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町7-2

【受付時間】月~金/10:00~20:00 土日祝/10:00~17:00
 【定休日】不定休

体外受精について知りたい!不妊治療の体外受精とは何か。

スタッフブログ

2020/02/27 体外受精について知りたい!不妊治療の体外受精とは何か。

「体外受精ってなんだか怖そう」

「どんな治療か知りたい」

晩婚化も進む中、技術の発達も相まって体外受精で生まれる子どもが年々増えていることをご存知ですか?

なかなか妊娠が成功せず、体外受精という方法を知ったけれど、どのようなものなのかわからないと決断できないですよね。

そこで今回は、不妊治療の中でも体外受精とはどんな治療法なのか解説します。

 

(方法)

体外受精とは、卵子と精子を取り出し体外で受精させ、受精した卵子を女性の子宮に戻すことで妊娠を成功させる方法です。

排卵誘発剤を1週間前後服用した後に、数個から10個ほどの卵子を女性の卵巣から取り出します。

その後シャーレ等に濃度を調整した精子と一緒に卵子を入れ、受精させます。

この時、取り出した精子の中でも活発な精子のみを取り出し、濃度を調整しておきます。

受精卵の中でも分裂が順調に進んだ良好胚を女性の子宮に着床させることができれば妊娠となります。

この時2〜3日間の培養で分割期の胚を移植する「分割期移植」と5〜6日間の培養で胚盤胞まで成長させた胚を移植する「胚盤胞移植」があります。

一回の移植における成功率は胚盤胞移植の方が高くなっていますが、以前から長く行われているのは分割期移植です。

 

(期間)

採卵後の子宮の状態によっては、胚を凍結し回復を待つ場合もあるので個人差はあります。

しかし、一般的に二ヶ月程度の期間を要します。

排卵日の調査と採卵までの誘発期間などで、卵子を取り出すまでに一ヶ月強の期間を使います。

体外での受精が成功してから基本的に2〜5日間のうちに胚を移植します。

移植後2週間程度が経ってから尿判定で妊娠に成功したかどうかを確認するのです。

 

(費用)

費用は一回につき約40〜60万円がかかることが一般的です。

最も成功率の高い30歳でも5回に1回の成功率のため、かかる費用はどうしても大きくなってきます。

40歳を超えると成功率は10パーセントを下回り、流産率も格段に高くなってくるので費用ためにも妊娠のためにも、治療の計画はなるべく若いうちから進めておくことをおすすめします。

年齢や経済状況などから、回数に制限を設けてチャレンジしたり、初期段階の費用と時間を節約したりして、初めから体外受精を行うケースもあります。

 

(まとめ)

今回は体外受精についてご紹介しました。

1年に年5万人もの赤ちゃんが体外受精で授かり誕生している今、子どもが欲しいという夢を諦める前に体外受精を試してみる選択を検討してみてはいかがでしょうか。

ぜひ今回の記事を参考に治療内容や費用などを踏まえて、体外受精について考えてみてください。

 

■■□―――――――――――――――――□■■

不妊治療専門 アクア鍼灸治療院
院長 松本茂文

大阪市天王寺区石ヶ辻町7-2
(電話)06-6774-5218

診療日時
10:00~20:00/月~金(受付終了20時)
10:00~17:00/土日祝(受付終了17時)
不定休/定休日

(公共のアクセス)
近鉄上本町駅より徒歩3分
JR環状線鶴橋駅より徒歩7分
大阪メトロ谷町線谷町九丁目駅より徒歩10分
大阪メトロ千日前線鶴橋駅より徒歩7分

■■□―――――――――――――――――□■■

TOP