妊活に大事なビタミンD(その2)

アクア鍼灸治療院

06-6774-5218

〒543-0031 大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町7-2

【受付時間】月~金/11:00~20:00 土/10:00~13:00
 【定休日】日曜・祝日

妊活に大事なビタミンD(その2)

スタッフブログ

2019/05/29 妊活に大事なビタミンD(その2)

先日もご紹介させて頂いた妊活に大事なビタミンDですが、

今回は男性にも大切な働きがあることをお伝えしたいと思います!

ビタミンDは食べ物から摂取する他に、日光を浴びると私達の身体で

ある程度生成可能なビタミンです。

ところが、最近では皮膚がんになる!とか、子供さんは外で遊ぶよりも

お家でゲーム・・とかであまり日光浴をしなくなりましたよね?

昔に比べると、体内のビタミンD値は密かに減少傾向になっていると

感じます。

そのビタミンD、カルシウムやリンの吸収を促進する働きと、

それにより血液中のカルシウム濃度を保って、丈夫な骨を作る働きと、

免疫作用の調整、そして、前回でもお伝えしたように妊娠にかかわる

側面からもビタミンDは大切な作用があるのですが、男性にとっても

大切な働きをするビタミンDなのです!

妊娠に大切な作用とは↓↓

①ビタミンDは卵子形成かかわっている!

②40歳以上の女性では血中ビタミンD濃度が高いほど、

AMH(卵巣予備能)が高い!

③血中ビタミンDの濃度が高いほど、体外受精の妊娠率がアップ!

④習慣流産のリスク減少!

⑤多嚢胞性卵巣(PCOS)の改善に期待!

⑥適度なビタミンD濃度では良好な精液が多い!

精子の運動能力を高める!精子の細胞内へのカルシウム吸収を促し、

精子の受精能力の獲得に関与!

と、男女ともに妊活時に凄い働きをしてくれるのです!!

ビタミンDを多く含む食品としては、

魚類(カツオ、まぐろ、あんこう、鮭)、

きのこ類(きくらげ、しいたけ)、卵などです。

ビタミンDは脂溶性なので、油と一緒に摂ると効果的です。

(例えばきのこソテーなど)

お肉好きな旦那様、是非お魚ときのこもたくさん食べて下さい!!

食品から摂取が難しい場合は、サプリメントもオススメ。

ただし、過剰摂取は高カルシウム血症や腎疾患を招く恐れが

あるので、摂取量には注意しましょう。

ご夫婦共にビタミンD不足を回避して、健康な身体を保ち、

妊娠力をアップさせましょう!!

妊娠した女性のお腹に話かけている男性

 

 

■■□―――――――――――――――――□■■
不妊治療専門 アクア鍼灸治療院
院長 松本茂文

大阪市天王寺区石ヶ辻町7-2
(電話)06-6774-5218

診療日時
11:00~20:00/月~金(受付終了20時)
10:00~13:00/土  (受付終了13時)
日曜・祝日/定休日

(公共のアクセス)
近鉄上本町駅より徒歩3分
JR環状線鶴橋駅より徒歩7分
大阪メトロ谷町線谷町九丁目駅より徒歩10分
大阪メトロ千日前線鶴橋駅より徒歩7分

■■□―――――――――――――――――□■■

TOP